B.LEAGUE

国内男子プロバスケットボールリーグ B.LEAGUEの公式noteです。

B.LEAGUE

国内男子プロバスケットボールリーグ B.LEAGUEの公式noteです。

マガジン

  • B.LEAGUE チェアマン 島田のnote

  • #Bリーグの楽しみ方

    優秀作品に選ばれた方は、5月31日に開催される「B.LEAGUE AWARD SHOW 2023-24」にご招待!白熱の23-24シーズンもいよいよ佳境。あなたのBリーグの楽しみ方を教えてください

  • 「#Bリーグの教科書」マガジン

    『B.LEAGUE公認 最強のスポーツクラブ経営バイブル』を読んだ感想を教えてください! すべてのステークホルダーに向けた想いを集約した一冊ですので、読書感想文をnoteやTwitterにて、「#Bリーグの教科書」というハッシュタグをつけて、お寄せいただくことで、皆様と一緒に未来をつくっていきたい一心でお願いをさせていただきます。 https://note.com/1105shimada/n/n6656bfd6a7b8

  • 「#Bリーグオールスター」マガジン

リンク

最近の記事

ニシノコンサルに相談してみました

年に3.4回実施しているクラブ横断の経営者勉強会、通称 BMB(BLEAGUE MANAGEMENT BASE)、基本的には、集客、スポンサーセールス、地域活動など、マーケティング全般の成功事例を共有して学ぶ機会を持つというものです。今回は新たな学びを得るために、外部講師をお招きして実施したいと考え、キングコングの西野亮廣さんにお願いすることにしました。 西野亮廣さんは、お笑い芸人というだけではなく、絵本作家でもあり、映画を創ったり、ミュージカル舞台、幕張メッセで大きな盆踊

    • 『スタッツで見るBリーグ』ディフェンスから読み解くチャンピオンシップ

      文:しんたろう 「オフェンスが客を呼び、ディフェンスが勝利を呼ぶ」 これはNFLに伝わる名言だが、バスケットにおいても当てはまることは多い。 例えば、NBAでは過去10年間において優勝したチームの70%は、ディフェンシブレーティング(守備効率指標)が上位10位以内に入っている。Bリーグに至っては、すべての優勝チームが上位5位以内だ。 今回は、そんなリーグ優勝のカギとなるディフェンスについて、チャンピオンシップ出場チームのシーズン平均スタッツと敗戦平均スタッツを比較。そ

    • シーズンもいよいよ佳境!あなたの #Bリーグの楽しみ方 を教えてください!

      このたびnoteでは、B.LEAGUEとの共催でお題企画「 #Bリーグの楽しみ方」を開催します。 白熱の23-24シーズンもいよいよ佳境。レギュラーシーズンが終わると、プレーオフに突入します。 そこで、みなさんのBリーグの楽しみ方を教えてください。例えば「この席でみると選手のプレーの迫力がすごい!」や「ブースターの応援が面白い」、「ここのアリーナのグルメが美味しい」、「チームグッズがかわいい!」などBリーグの楽しみ方についてであればジャンルは問いません。テキスト、イラスト

      • 【SCS推進チーム】データのプロが外傷・障害を可視化「データから導き出す、選手を守る未来」

        現場で生かされるソフトを活用しての「外傷・障害調査結果」 リーグがリードしてデータを収集、分析し、活用できる情報としてクラブに還元することで、さらなる選手のコンディションとパフォーマンスの向上に繋げる。昨年7月に立ち上がったBリーグの「SCS推進チーム」は、コンディショニング、メンタル、栄養、脳神経外科、整形外科など多くの分野のスペシャリスト、ブレインが協力する画期的な試みである。そのチームが活動するうえで不可欠なのが、数多のデータをまとめ、実態を“見える化”すること。その

      ニシノコンサルに相談してみました

      マガジン

      • B.LEAGUE チェアマン 島田のnote
        6本
      • #Bリーグの楽しみ方
        1本
      • 「#Bリーグの教科書」マガジン
        1本
      • 「#Bリーグオールスター」マガジン
        3本

      記事

        【SCS推進チーム】ベストパフォーマンスを発揮する上で必須となる、食品栄養を含めたトータルコンディショニング

        どれが必要かではなく、どれも必要なもの 選手が目指すのは、試合で最高のパフォーマンスを発揮すること。 Bリーグに誕生した「SCS推進チーム」は、リーグのレベルアップを目指し、日本バスケットボール界全体の底上げのために様々な分野の専門家が参画している。多くのスペシャリストがいることは非常に心強い。そしてBリーグではそれら一つ一つを繋いでいくことも重要だと考えている。医学博士にして米国アスレティックトレーナー資格認定委員会公認アスレティックトレーナー、米国スポーツ医学会認定エ

        【SCS推進チーム】ベストパフォーマンスを発揮する上で必須となる、食品栄養を含めたトータルコンディショニング

      • 青森ワッツのピンチをチャンスに繋げるために

        本日は、青森です。青森ワッツ(以下、ワッツ)の親会社の急な経営破綻により、クラブ経営が混乱したひと月でした。クラブの努力とワッツを応援しているブースター・パートナーの皆さまのおかげで、状況が好転していることお伝えすることで、更なるご支援をお願いすることが最大の来訪目的となります。 結論としましては、3/2の北谷社長が会見した時点で、今シーズン乗り越えるには、5000万円不足していると発表がありました。現時点で4000万円の調達が完了し、残り1000万円まできています。ご支援

        青森ワッツのピンチをチャンスに繋げるために

      • B1地区優勝セレモニーについてのご報告

        この時期、毎年B1地区優勝が、徐々に決定していきます。昨シーズンまでの運用は、B1地区優勝 3回、B2シーズン優勝1回、B1シーズン優勝1回のセレモニーには、チェアマンが出席してプライズボードなどの贈呈していました。 しかし、今シーズンからは、B1地区優勝についてのみ、チェアマンが出席できない場合は、専務理事、常務理事、執行役員で代理を務めることに決定しました。現地に駆けつけたい気持ちは山々なのですが、当然のことながらどのクラブがどのタイミングで決まるのかは直前までわかりま

        B1地区優勝セレモニーについてのご報告

        『スタッツで見るBリーグ』リバウンドを制する者はゲームを制すは本当か?

        文=しんたろう 「リバウンドを制する者はゲームを制す」 漫画『スラムダンク』で赤木剛憲が桜木花道にかけた名セリフだが、NBAでも古くから語られてきた格言の一つでもある。この格言はBリーグにおいてもあてはまるのか、2つのアドバンススタッツを用いて検証していこう。 オフェンスリバウンド獲得率このスタッツは、自分たちのシュートが外れた時(2本目のフリースローが外れた場合も含む)に、リバウンドできた割合を示すスタッツである。このスタッツを見ることで、単にリバウンド数が多いだけで

        『スタッツで見るBリーグ』リバウンドを制する者はゲームを制すは本当か?

        B.MAGAZINE編集長・菜波の「教えて!」SOCIAL INNOVATION HUB編

        B.LEAGUEは世界2位のリーグを目指すため、ビジネス面においても改革を進めています。その1つが“日本を、世界を、たぎらせる”をテーマにした「SOCIAL INNOVATION HUB(ソーシャルイノベーションハブ)」というものです。この取り組みについて、B.MAGAZINE編集長の菜波が担当者の菅原瑠美にお話を聞きました。 今回の登場人物 ソーシャルイノベーションハブって何? 菜波 ソーシャルイノベーションハブについて教えてください。 菅原 B.LEAGUEが掲げ

        B.MAGAZINE編集長・菜波の「教えて!」SOCIAL INNOVATION HUB編

        SCS推進チーム・伊豫雅臣氏が語る、心理的リスクがある選手を支える重要性

        ストレスにさらされる選手を支える体制が必要 ケガなどの故障とは異なり、目に見えにくいのがメンタルの問題だ。「アスリートにかかるストレスは、とても大きい」と語るのは、Bリーグが進める「SCS推進チーム」でメンタルヘルスに取り組む伊豫雅臣氏(国際医療福祉大学・精神医療統括教授)である。国際オリンピック委員会らが2021年にまとめた「スポーツ外傷・障害および疾病調査の方法論に関する共同声明」では、実に3人に1人のアスリートがメンタルの症状を経験していると紹介している。その数字は一

        SCS推進チーム・伊豫雅臣氏が語る、心理的リスクがある選手を支える重要性

      • 金沢武士団の再建に向けて

        本日は、B3リーグの堀井理事長と日帰り金沢出張。朝一で、金沢武士団の中野社長と石川県 馳知事を表敬訪問し、BリーグとB3リーグで義援金の目録をお渡しさせていただきました。 また、BリーグとB3リーグで震災後、56クラブが各会場での募金活動でお預かりしているおよそ3,000万円を日本財団を通じて石川県にお届けさせていただくこと。シーズンオフに選手会とB.Hopeと連携して能登半島で活動させていただくこと。Bリーグファイナルに能登半島の子供たちをご招待させていただくこと。 最

      • B.LEAGUE U15 CHAMPIONSHIP 2024の決勝は、琉球U15 VS 横浜BC U15

        先週22日(金)の中日vs千葉ロッテのオープン戦でBユースの今西選手(名古屋D U18)が始球式を務めました。 トップの選手が何名か始球式を務めたことがある中、ユース選手では稀なケースです。 今西優斗選手は、現在、名古屋D U18所属、ユース育成特別枠でトップにも帯同しており2年前の「B.LEAGUE U15 CHAMPIONSHIP 2022」で大会MVPを獲得した選手です。 B.LEAGUE U15 CHAMPIONSHIP 2024は、3/27(水)~3/31(日)

        B.LEAGUE U15 CHAMPIONSHIP 2024の決勝は、琉球U15 VS 横浜BC U15

        B.MAGAZINE編集長・菜波の「教えて!」MD編

        B.MAGAZINE編集長の菜波がB.LEAGUEのグッズ全般の業務を担当しているMD(マーチャンダイジング)グループの佐久間、乙女に、グッズの企画から販売、サブライセンスに関することまでお話を聞きました。 本日の登場人物 MDグループの役割は?菜波 お2人は日々、どのような業務をされているのですか? 佐久間 公式グッズの企画や販売、デジタルカードコレクション「B.LEAGUE CARD」の運用管理、サブライセンス監修など、B.LEAGUEにおけるMD領域のグループマネ

        B.MAGAZINE編集長・菜波の「教えて!」MD編

        スポーツセーフティーの重要性、SCS推進チーム・佐保豊氏が強調する選手、来場者への安心・安全の提供

        “安全”をないがしろにしていた日本のスポーツ環境「『無知』と『無理』。スポーツの世界を問わず人間が犯すミスやエラーはそれが原因と言われています。やっていいのか悪いのか、いつ止めるべきなのか、無知から無理につながってしまう。知識があれば予防できた事故やケガは数多くあります」 Bリーグが進める「SCS推進チーム」でスポーツセーフティーを担当する佐保豊氏(NPO法人スポーツセーフティージャパン代表理事)の言葉である。アメリカ・ネバダ州大ラスベガス校出身で米BOC公認アスレティック

        スポーツセーフティーの重要性、SCS推進チーム・佐保豊氏が強調する選手、来場者への安心・安全の提供

        【スペシャル対談】応援マネージャーの小串日葵が聞いてみた「Bリーグが進めるユース戦略とは?」

         Bリーグの「B.LEAGUE U15 CHAMPIONSHIP 2024」の応援マネージャーに小串日葵さんが就任しました。  小串さんは2005年12月5日生まれ、大分県出身の18歳。高校時代は男子バスケットボール部のマネージャーを務める傍ら、並行して芸能活動を開始。ABEMA『今日、好きになりました。』シリーズに出演するなど、活動の幅を広げています。  今回は小串さんと「B.LEAGUE U15 CHAMPIONSHIP 2024」の運営担当をしている栗山斗志朗(強化

        【スペシャル対談】応援マネージャーの小串日葵が聞いてみた「Bリーグが進めるユース戦略とは?」

        BリーグSCS推進チーム・中山晴雄氏が進める脳振盪対策「どう対応すればいいのかを根付かせたい」

        リーグ全体で脳振盪について知ることが大切昨秋、Bリーグが公開した「B.LEAGUE 2022-23 SEASON Injury Report」では特にページを割いて頭部外傷・脳振盪に関するデータを記載。さらに脳振盪についての考察も紹介している。それだけ力を入れているのは、接触プレーが付き物であるバスケットボールでは、偶発的に脳振盪(のうしんとう)が起きてしまい、最も重視すべき問題の一つと考えられているからである。Bリーグの「SCS推進チーム」で中心となって、脳振盪に取り組んで

        BリーグSCS推進チーム・中山晴雄氏が進める脳振盪対策「どう対応すればいいのかを根付かせたい」