見出し画像

【SCS推進チーム】データのプロが外傷・障害を可視化「データから導き出す、選手を守る未来」

現場で生かされるソフトを活用しての「外傷・障害調査結果」

リーグがリードしてデータを収集、分析し、活用できる情報としてクラブに還元することで、さらなる選手のコンディションとパフォーマンスの向上に繋げる。昨年7月に立ち上がったBリーグの「SCS推進チーム」は、コンディショニング、メンタル、栄養、脳神経外科、整形外科など多くの分野のスペシャリスト、ブレインが協力する画期的な試みである。そのチームが活動するうえで不可欠なのが、数多のデータをまとめ、実態を“見える化”すること。その一端を担っているのが外傷・障害調査集計を担当する前山幹氏、山中美和子氏(ともに株式会社ユーフォリア)である。

「ONE TAP SPORTS(ワンタップスポーツ)」は、同社が提供するスポーツ選手のコンディション管理ソフト。体重や体温、脈拍、睡眠時間とその質といったデバイスなどから得られる客観データ、疲労感や食欲、栄養状態、ストレスレベル、痛みといった主観データを一元管理できるというのが同ソフトの特徴だ。外傷・障害調査でも、ONE TAP SPORTSを活用。B1・24クラブ、B2・14クラブのメディカルスタッフが入力する外傷・障害の発生状況のデータを集計・検証し、定期的に状況を報告している。3月19日に発表された2024年1月末までの報告では「平均出場時間15分以上の選手群の外傷・障害発生割合は15分未満の選手群の2.37倍」「外国籍選手の外傷・障害発生割合は日本人選手の1.4倍」「ポジションによる外傷・障害発生リスクの関連は2024年1月末時点では確認できない」といった興味深い内容もあった。

外傷・障害を報告するにあたって、重要になるのが外傷・障害の定義や分類の基準である。

スポーツ科学の博士号を持ち、米国アスレティックトレーナー資格認定委員会公認アスレティックトレーナーでもあるR&Dリサーチャー、山中氏は「一口にケガと言っても、練習や試合を離脱するものとする考え方もあれば、痛みを感じた時点でケガとする考え方もあります。考え方が変われば件数が変わる。信頼性の高いデータを取るために、外傷・障害を報告する際にはガイドラインに基づいて統一された定義や基準に則ってデータを登録するようお願いしています。その中で感じているのは、これだけ抜け漏れのないデータを報告できる現場のスタッフの皆さんの素晴らしさです。現場のスタッフの方が、いかに本気で取り組んでくれているかということの表れと思います」と説明する。

また現場スタッフと逐一コミュニケーションを図っている前山氏も、「情報共有と議論のための場として、リーグのトレーナー部会が年に4回、シーズン中も開催されています。リーグで起こる事象に対して、どう対処するかを話し合うのですが、それはある意味“手の内を明かす”ことでもある。自クラブの選手が活躍してほしい、勝ってほしいという思いがある中で、自クラブに限らず、リーグの選手たち全員の安心、安全を目指して議論する姿に対して、他競技から参加した方が驚いたということがありました」とエピソードを紹介している。

広島ドラゴンフライズでヘッドトレーナーを務める森田憲吾氏

そのトレーナー部会で中心的存在となっているのが、広島ドラゴンフライズでヘッドトレーナーを務める森田憲吾氏だ。クラブで10年というキャリアを持つ森田氏が最も大切にしているのは「長期離脱する選手を出さない」こと。

「防ぐことができないケガもありますが、肉離れなど防げたかもしれないものもある。私自身は体の可動域やバランス、姿勢を大事にしていて、選手たちには『必ず練習前に背骨と骨盤を動かしておいてほしい』と伝えています。そこは自律神経、睡眠やストレスにも関係している箇所であるため、体に程よい緊張状態を作り、可動域を広げた状態でプレーに入るというルールにしているのです。選手たちはプレーする約1時間前からウォーミングアップのためのストレッチを行なっていますので、しっかり浸透していると感じています」

それでも防ぐことができないケガに対しても手を打つ。ユーフォリア社によって導き出された報告書は、森田氏も「すごく参考にしています」と語る。

「かつては比較対象がなく、トレーナー間で情報交換することくらいしかできませんでした。しかし、リーグ全体でデータを取ることでシーズンの傾向を把握できるようになり、疲労度の数値やケガのフィードバックなどもクラブのGMやヘッドコーチ、フロントにも伝えやすくなります。例えば、近年だと脳振盪が増加しています。帰化枠、アジア枠の選手も増え、体格差のある日本人選手がディフェンスに付くケースも生まれています。なかなか難しいところもありますが、ストレングスコーチにフィジカル強化を求めるといった対策もしています。いずれにせよ、広島がB2だった時は、B1の情報はまったくわかりませんでしたし、リーグ全体での情報が“見える化”されたことで、すごくやりやすくなったと感じています」

アイデア次第で無限の可能性、データ活用で見える新たな実態

前山幹氏(株式会社ユーフォリア)

“比較対象”ができたことは、各クラブにとって大きな一歩である。ユーフォリア社の前山氏は「クラブによって重視する指標、その評価の仕方は変わってきます。Bリーグがサーベイランス(持続的に収集・分析した情報を予防と対策のために還元すること)という形で全体の統計を取っていただいたことで、各クラブが自分たちのデータと比較できるようになりました。私はバスケットボールだけではなく、サッカー、野球、ラグビーなど多くの競技に携わらせていただいていますが、所属する全クラブが参加する規模での調査はBリーグだけのこと。クラブではそれと比較したうえで対策を講じたり、判断を下したりすることができるようになっていると聞きます」と言及。広島・森田氏は今後に向けて、「リーグとして目指す方向にスムーズに進むためにも、私たちトレーナーは、長期離脱の選手を出さず、ファンの方にプレーを楽しんでもらうことが役目。そうなれば、クラブとして本来の戦いがしやすくなります。リーグ全体、そしてクラブのデータも生かし、GMやコーチ陣と選手のジョイント役になっていくことで、リーグやクラブに還元できるようになりたいと思います」と言う。

リーグ全体としてのデータは、さらなる効果を生む可能性を秘めている。

山中氏は、「サーベイランスを実施する意義として、競技を統括している団体の意思決定に効いてくるところがあると思っています」と語ると「外傷・障害予防という面では、いくつもの層でできることがあると考えていて、まず個人レベルでは選手はトレーニングや休養といったコンディショニング、トレーナーやコーチなどは何かを提供して改善し、故障を予防すること。続いてクラブとしてはスタッフの配備や器具の整備といった環境面を整えることができます。そしてリーグとしてはレギュレーションやスケジュールの調整を制度として整えていくことが考えられます。リーグがより安全な環境を整備するためにも、その判断材料となるデータを示すことに全力で貢献したいと考えています」と選手、クラブ、リーグにとって、新たなものを見出すきっかけにもなるはずと語る。

山中美和子氏(株式会社ユーフォリア)

データのまとめ方、生かし方はアイデア次第でもある。実は昨年12月、今年3月に発表されたレポートの中でも、SCS推進チームのメンバーからプレータイム別での外傷・障害発生率やポジション別での発生率など切り口の案が出たことにより、冒頭で紹介した傾向も明らかになった。山中氏は、すでに実施しているスタッツやプレータイムとのデータ連携に加えて、試合日程の要素や移動距離などを加えるといった切り口も検討していると明かしている。今後も新たな傾向が浮き彫りになっていくことだろう。

今まで見えていなかったことを浮き彫りにするためにも現場に貢献する——。ユーフォリア社の2人のスタンスは同じである。

「ONE TAP SPORTSを使用していただいている他の競技やカテゴリーのチームの方もBリーグでの取り組みにとても注目いただいています。SCS推進チームがあり、森田さんのような現場のプロの方の理解があって推進できていることですので、さらに皆さんがストレスなくデータを蓄積し、活用できる環境作りというのを、我々は何としても追究していきたいと思っています」と前山氏は、今後も現場を支えていきたいと語る。

そして山中氏は、改めて非常に高い精度で報告をしてくれているスタッフの素晴らしさを強調したうえで、「より安全な環境を目指すというSCS推進チームの取り組みは、スポーツ界にとってこれ以上ないロールモデルになると思っています。実態に即したデータを提示し、ブレインとなる皆さんにより良い議論していただくこと。それが自分の役割だと考えています」と今後もデータのプロとして貢献していきたいとした。SCS推進チームの根底となりうるサーベイランスによって、選手にとって、クラブにとって、リーグにとって、より良い環境づくりへとつながっていきそうだ。

取材・文:月刊バスケットボール編集部


この記事が参加している募集

#Bリーグ

3,873件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!