見出し画像

【アンケート結果】B.LEAGUE 2023-24シーズン前半戦で最も印象的なトピックは?


【(C)B.LEAGUE】

 かつてない盛り上がりを見せるB.LEAGUE 2023-24シーズン。レギュラーシーズン折り返しの時点で、すでにコート内外でさまざまなトピックが生まれている。そこで、本記事ではファン・ブースターの皆さんを対象に実施した「前半戦で最も印象的なトピック」を問うアンケートの結果をランキング形式で紹介したい。

第4位タイ:河村勇輝 B1史上最多「20」アシスト、前人未到の20-20達成(得票率9.8%)

アウェイの地でBリーグ史に残る活躍を見せた横浜BC・河村【(C)B.LEAGUE】

 第4位タイとなる票を集めたトピックは、横浜ビー・コルセア-ズの河村勇輝による大記録達成。

 2024年1月6日に行われたB1第16節 富山グラウジーズ戦で、横浜BCの河村はB1史上最多記録となる20アシストを記録する快挙を成し遂げた。以前までの最多記録は2018年に松島良豪、2022年に齋藤拓実が記録した「18」アシストだった。

 なお河村は同試合で25得点も記録しており、1試合で得点とアシストをそれぞれ20以上記録する「20-20」も達成。当然、アシストを絡めての「20-20」達成も史上初の出来事となり、ファン・ブースターからは「日本人選手で20-20を達成できる選手が現れるとは思わなかった」「あまりにもアンストッパブルすぎる」など、驚きとともに賞賛の声が集まった。

第4位タイ:ペリン・ビュフォード 50得点14リバウンド12アシスト 衝撃のトリプルダブル(得票率9.8%)

異次元のスタッツで今シーズン3度目のトリプルダブルを達成【(C)B.LEAGUE】

 同じく第4位タイとなる票を集めたのが、島根スサノオマジック ペリン・ビュフォードによる前代未聞のトリプルダブル達成。

 2023年12月30日に行われたB1第15節大阪エヴェッサ戦で、島根のビュフォードは50得点14リバウンド12アシストという異次元のスタッツで今シーズン3度目のトリプルダブルを達成した。

 50得点という数字だけを取ってもBリーグ史上2位タイの記録で、40分間で記録されたものの中では1位の数字。チームへの貢献度を示すEFFは「71」といずれも驚異的な値を示した。

 その活躍ぶりで同月の月間MVPに選出されたビュフォードに対し、ファン・ブースターからは「得点だけでもすごいのにトリプルダブルはやばすぎ」「まさに怪物。規格外」といった声が挙がった。

第4位タイ:馬場雄大 Bリーグ電撃復帰 5シーズンぶりに国内で躍動(得票率9.8%)

2018-19シーズン以来となる日本でのプレーを選択した馬場【(C)B.LEAGUE】

 こちらも第4位タイの得票率を記録した日本代表・馬場雄大のBリーグ電撃復帰というトピック。

 2022-23シーズンをもってGリーグのテキサス・レジェンズとの契約を終えていた馬場。2023年夏は無所属のまま日本代表としてFIBAワールドカップに出場し、大会後の動向に注目が集まっていたなか、同年9月に長崎ヴェルカの選手としてBリーグに復帰することが発表された。

 加入時の記者会見ではパリ2024オリンピックやNBAを目指す上で「最も成長できる環境」であることから長崎加入を決断したと明かした馬場。前半戦では平均得点を2ケタに載せるなど、日本人エースとしてチームをけん引する活躍を見せている。

 この電撃的なBリーグ復帰や前半戦での活躍に対し、ファン・ブースターからは「まさかの移籍でびっくりしました!」「NBAという目標から後退したわけではないとプレーで証明している」など、さまざまな反応が寄せられた。

第3位:オールスターゲームでの辻直人のシュートフェイクがSNS上で話題に!(得票率10.7%)

世界に発信された“無限シュートフェイク”【(C)B.LEAGUE】

 第3位のトピックは、海を越える広がりを見せた辻直人(群馬クレインサンダーズ)の“無限シュートフェイク”について。

 史上初の3日間開催となり、過去最高の盛り上がりを見せた「B.LEAGUE ALL-STAR GAME WEEKEND 2024. IN OKINAWA」。そのなかでも名場面として話題になったのが、「B.LEAGUE ALL-STAR GAME」で辻が見せた“無限シュートフェイク”だ。

 辻が何度も繰り出すシュートフェイクに対し、相手ディフェンス5人が次々と宙を舞った挙句、5秒バイオレーションがコールされるという最高のオチがついたこのシーンに反応したのがFIBA(国際バスケットボール連盟)。公式Xで同シーンの切り抜き動画を投稿すると、瞬く間に拡散され220万を超える再生回数を記録した。

 Bリーグの“笑い”が世界に向けて発信された一連の出来事について、ファン・ブースターからも「今年一笑ったwww」「辻選手のフェイントに対し、他チームも楽しそうにそれに乗っかっているのがすごく面白かった」などの反応が集まった。

第1位タイ:三遠ネオフェニックスの快進撃…中地区首位ターンに成功(得票率12.3%)

昨シーズンから大きく成績を上げている三遠【(C)B.LEAGUE】

 さまざまな出来事を抑え、1位タイの票数を獲得したのが三遠ネオフェニックスの躍進というトピックだ。

 Bリーグ初年度にCS進出を果たして以降、長らく下位に低迷していた三遠ネオフェニックスが今シーズンは開幕から絶好調をキープ。B1トップとなる1試合平均90.3得点の攻撃力を武器に、前半戦を26勝4敗と中地区1位の成績で終えた。

 新加入のコティ・クラークがエースとしてチームをけん引するなか、佐々木隆成や細川一輝ら日本人選手も活躍し、ヤンテ・メイテンや金丸晃輔を筆頭にベンチの陣容も厚い。後半戦に入って負傷者が出ても勢いは衰えず、クラブ史上最多の16連勝も記録。34勝5敗とB1全体トップの成績を維持してバイウィークに突入している。

 この三遠の躍進に対してファン・ブースターからは「大野HCのバスケが浸透した三遠の強さが際立った前半戦」「中地区優勝の可能性は限りなく高い気がする」などヘッドコーチの手腕に対する賞賛や、初の地区優勝に対して言及する声も多数挙がった。

第1位タイ:初代MVP ニック・ファジーカス引退宣言…桜井良太や朝山正悟ら功労者も(得票率12.3%)

日本バスケ界の功労者であるファジーカスが引退宣言【(C)B.LEAGUE】

 三遠の躍進と並ぶ得票率1位タイのトピックが、ニック・ファジーカスをはじめとするレジェンド選手たちの引退宣言だ。

 2023年9月16日、シーズン開幕を目前に控えるなか、川崎ブレイブサンダースのファジーカスが2023-24シーズン限りでの現役引退を宣言した。2012年に来日して以来、Bリーグ初年度のレギュラーシーズンMVPをはじめ、さまざまなタイトルを獲得。2018年4月に日本国籍を取得してからは日本代表としても活躍したファジーカスの引退宣言には、ファン・ブースターのみならず多くの現役選手からも惜しむ声が挙がった。

 さらに、9月27日には広島ドラゴンフライズの朝山正悟も23-24シーズン限りでの引退を表明。同年6月に同じく引退を表明していたレバンガ北海道の桜井良太と合わせ、功労者たちからの相次ぐ引退宣言は大きな話題に。ファン・ブースターは「ニックの引退宣言は本当に衝撃」「初期からBリーグを支えてきた選手であるだけに本当に寂しい」など、キャリアに区切りをつける選手たちへ惜別の思いを寄せた。

構成=バスケットボールキング編集部

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!