見出し画像

【スペシャル対談】応援マネージャーの小串日葵が聞いてみた「Bリーグが進めるユース戦略とは?」

 Bリーグの「B.LEAGUE U15 CHAMPIONSHIP 2024」の応援マネージャーに小串日葵さんが就任しました。

 小串さんは2005年12月5日生まれ、大分県出身の18歳。高校時代は男子バスケットボール部のマネージャーを務める傍ら、並行して芸能活動を開始。ABEMA『今日、好きになりました。』シリーズに出演するなど、活動の幅を広げています。

 今回は小串さんと「B.LEAGUE U15 CHAMPIONSHIP 2024」の運営担当をしている栗山斗志朗(強化育成グループ)が対談。Bリーグが進めるユース戦略について伺いました。

Bユースとは?

小串:栗山さんは普段どんなお仕事をされているのですか?

栗山:強化育成グループでBユースを担当しています。

小串:Bユースとはなんでしょう?

栗山:BユースはBクラブが保有する下部組織で、中学年代のU15カテゴリーと、高校年代のU18カテゴリーがあってそこに集まってきた選手たちの大会を担当しています。今はU15とU18、さらにU16の大会もあったりするので、その大会全般を私が色々調整しています。


栗山斗志朗【(C)B.LEAGUE】

「B.LEAGUE U15 CHAMPIONSHIP」はどんな大会?

小串:「B.LEAGUE U15 CHAMPIONSHIP」はどんな大会ですか?

栗山:「B.LEAGUE U15 CHAMPIONSHIP」は、BリーグのU15チームが全チーム集まって最初に予選をして、その後決勝トーナメントに入って頂点を争う、BユースU15としてのトップを決める大会です。2017年から大会を開催していて、今年で7回目になりますね。各チームを教えているコーチの方々のおかげもあり、レベルが本当に高くて、バスケットボールとしても面白いなと純粋に思います。

小串:15歳でもですか!?

栗山:15歳でもバスケットボールのIQが高いなと思うし、試合の運び方もプロ顔負けだなって思う瞬間があるぐらい面白いです!

小串:ちなみに、「B.LEAGUE U15 CHAMPIONSHIP」を経てトップチームで活躍している選手はいますか?

栗山:2017年大会にエントリーしていた田中力選手(横浜ビー・コルセアーズ)は羽ばたいていきましたね。また岡島和真選手(山形ワイヴァンズ)も当時三遠U15として2018年大会にエントリーし、現在山形ワイヴァンズのトップチームで活躍しています。

小串:そうなんですね。大会で活躍するとトップチームや海外への道も開けていきそう!


小串日葵さん【(C)B.LEAGUE】

注目すべきチームは?

小串:注目すべきチームがあれば教えてください。

栗山:今、名古屋ダイヤモンドドルフィンズ(名古屋D)のU15チームが3連覇中なので、今大会で4連覇を達成するか。Bユースだけでなくバスケットボールの中学年代の全体からも注目が集まっていますね。ちなみに、1月に開催されているJr.ウインターカップってご存知ですか?

小串:わかります!

栗山:Jr.ウインターカップは中学校の部活、Bユース、街クラブが集まって「日本一」を争う全国大会なのですが、今年1月の大会でベスト4に入ったサンロッカーズ渋谷 U15をはじめ、同大会に出た13チームも出場します。レベルの高い大会になると思いますよ。


【(C)B.LEAGUE】

大会全体の注目点、U15ならではの楽しみ方は?

小串:大会全体で注目してほしいポイントはありますか?

栗山:大会が3月31日まであるので、翌日から高校生になる選手たちもいます。各チームが最後の最後まで勝ちにくると思いますが、勝敗にかかわらず、この大会を自分の成長の糧にしてもらえれば嬉しいです。去年だと優勝した名古屋D U15でMVPを獲った若野瑛太選手が、名古屋D U18に進み、U16日本代表にも入りました。今年もそういう選手がどんどん出てくると思うので、要チェックです!

小串:U15世代ならではの楽しみ方は?

栗山:コートに立っているとバスケットボールIQが高いなって思う瞬間はあるんですけど、コートから外れるとやっぱり中学生なので、あどけないというか。実際にインタビューしてもらったらわかると思うんですけど、すごい照れたりする選手もいますね。その点は注目してください(笑)そして一番は日本の将来を担うであろう選手達のプレーを存分に楽しんでください。

強化育成への思い、夢

小串:強化育成グループとしての思い、ユース世代の選手に期待することはどんなことですか?

栗山:これ、答えるの難しいな……。でも、正直ただただバスケットボールに集中してほしいというか、自分たちのバスケをしてもらえればそれだけで十分です。多くの選手がプロになりたいと思っていて、Bリーグとしても「世界に通用する選手を輩出する」という目標を持って日々取り組んでいます。プロのバスケットボール選手になるということは、すごく影響力の大きい大人になることだと思うんです。そしてその目標に向かって選手達が一生懸命取り組んでいる姿から、私たちもその思いに応えたいというエネルギーがどんどん湧いてくる。なので、選手達には一生懸命バスケットボールをしてもらいたいし、私たちはその目標に集中できる環境を用意し続けたいという思いだけですね。


【(C)B.LEAGUE】

小串:熱いですね……! ありがとうございます。最後に、今大会で私に期待していることはありますか?

栗山:Bユースの選手たちは、プロになると心に決めている子も多くいます。その素晴らしい選手たちが一堂に集まる大きい大会なので、ぜひ一緒に大会を盛り上げましょう! というか、盛り上げてください! 試合もたくさん見ていただくと思いますが、バスケットボールとしても面白いので、ぜひ楽しんでもらって、感動もしてもらって。そのままの熱量でさらに盛り上げてくれれば、とてもとても嬉しいです。

小串:わかりました。頑張ります!


【(C)B.LEAGUE】
【(C)B.LEAGUE】

この記事が参加している募集

#Bリーグ

3,873件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!